愛着タイプと養育の特徴

書店やネットで目次も見てないのにタイトルだけで心を打たれ、ついつい本を買ったしまった経験はありませんか?筆者は3日前、ある本のタイトルに心を強く打たれ衝動買いをしてしまいました。しかもその本は実は絶版中でしたので、あらゆる中古書店のサイトに入り、目が充血するまで夢中になり見つけ出してその場ですぐ購入しました。筆者の心を奪った本のタイトルは「子は99%母親の努力で完成する。」でした。

もちろん遺伝もありますし、気質というのもありますので、同じような環境で育っても同じようには育ちません。ですけれど、この本のタイトルのように子供は99%母親の努力で完成するのなら、その方法を何とか知り、できることなら何でもしたくなるのが親の気持ちだと思います。

愛着は環境(養育者の関わり方)に影響されます。そしてまた、愛着は子供の将来に大きな影響を及ぼします。それでは、子供の愛着タイプと養育者の関わり方の特徴についてご紹介したいと思います。

愛着タイプはメアリーエインスワースがストレンジシチュエーションという実験から分類しました。ストレンジシチュエーションは養育者と見知らぬ人が部屋を出たり入ったりする時、1歳から1歳半の乳幼児の反応で愛着タイプを3つに分けました。後にメインとソロモンという人がこの3つのタイプのどこにも入らない愛着タイプを見つけそれを無秩序、無方向型と名づけました。各愛着タイプのストレンジシチュエーションの実験での反応を……

 

続きは会員ページから→こちら

2020年10月13日